カニが美味しい時期は冬だけ?

カニが美味しい時期は冬だけ?

カニ料理といったら鍋など冬のイメージが強いですよね。

 

カニ漁は期間が決まっていて、ほとんどの種類が11月から3月までがカニ漁の出来る期間と決められています。

 

その為、近海での旬のカニを食べられるのは必然的に冬が中心になり、それ以外の季節では冷凍カニのみとなりますね。
しかし、カニの種類によっては秋冬以外の時期が旬のカニもあります。

 

・ズワイガニ
北陸地方など日本海側では11月ごろから翌年3月ごろまでが漁期です。
「カニ=冬」というイメージが合っているのがズワイガニと言えますね。
でも、オホーツク海では4月から5月がズワイガニの旬なのです。

 

・タラバガニ
北海道では「1月から5月」と「9月から10月」が漁期です。
タラバガニの大半は海外からの輸入品ですが、海外からのタラバガニ輸入も春から夏頃が多いです。

 

・毛ガニ
北海道ではほぼ1年を通じて毛ガニ漁が行われています。
春はオホーツク海、夏は噴火湾、秋は釧路や根室沿岸、冬は日高沖や十勝沿岸と季節によって漁の場所が変わっていきます。

 

・花咲ガニ
日本で生息しているのは北海道の根室沖などに限られる貴重なカニです。
漁期は7月を中心とした夏頃です。

 

・ワタリガニ
三河湾や有明海、瀬戸内海といった内海が主な産地のカニです。
一番のピークは秋ですが、年中出回っています。